4軸・5軸 NC加工機 高尾佳孝

2021-12-05

 

こんにちは。

だんだんと寒くなってきて冬に近づいてきましたね。

みなさまは、いかがお過ごしでしょうか?

弊社も衣替えが終わり、おそろいのジャケットで毎日家具作りに励んでおります。

(背中の文:Guardiamo Al Mondo すべての発想と視点は世界から)

 

 

 

みなさまも、昼夜の寒暖差がありますので風邪などひかれませんよう

どうぞご自愛ください。

 

さて、今回ご紹介する家具職人は

特殊な機械を操ったり、家具製作工程をまとめて販売部門と工場のつなぎ役もこなす

弊社のムードメーカー、いつも駆け足の職人高尾佳孝にインタビューを行いましたので

ぜひご覧ください!!

 

 

Qまず始めに、すごく気になる目の前の機械について教えてください!

いま操作している機械は、『5軸・NC加工機』といって3D CADの最新テクノロジーで三次元加工を得意とする機械。

最初にプログラムを作っておくとそのプログラムに従って動くようになっていて、立体切削加工ができるよ。

ちなみに、『4軸・NC加工機』は数値を入力して使う機械で、垂直や斜めの加工ができて溝や線入れに適している機械ね。

 

 

Q入社されて何年目になりますか?

14年目になりますね

 

Qなぜこの業界に入ったのですか?

以前がパソコン関係の仕事で、見えないものを作っていたんだけど。

実際に作ったものを見られるこの業界に惹かれて入社しました!

 

 

Qこれまで何の作業を担当してきましたか?

テーブルの段取り加工やドロワーにレール取り付けをしていました。

現在製造ではさっきも話したように、5軸・4軸機械加工や塗装の調整をしています。

 

 

Qやりがいを感じたことは?

作ったものを納品した時にやりがいを感じた!

佐賀県庁県立図書館佐賀空港など、納品したものを見に行ったときもそう感じましたよ!

お客さま宅は、中々見る機会がないけど…。

納品写真はコチラ

 

Q仕事をしていて良かったことは?

実際に日曜大工をするようになったかな!

DIYとかもしますよー。

子ども用に踏み台を作ったり。

もう子どもも大きくなったので使っていませんが、当時は喜んで使ってくれました。

 

 

Q商品へのこだわりは?

お客さまが笑顔になるような商品つくり!!

と、自分たちも笑顔になる職場つくり!!

 

Q難しいと思うことは?

木は鉄やプラスチックと違って伸縮性があるので、それを考えて作ったりするのは経験がいるので大変です。

 

Qこれからの抱負をお願いします。

まずは安定した商品作りが目標です。

個人としてまだまだ経験が浅いのでもっと経験を積んでいきたいです!

 

 

今回話に出ていた5軸・NC機という機械を操作出来る家具職人は中々いないと聞きました。

彼が持っている知識と経験は弊社の家具作りに無くてはならないものだと感じさせられました。

 

つづく

広報:Y